【お知らせ】LINEを追加してAi Photo Shopの最新情報を得よう!!

画像生成AIにおすすめのグラボは?価格と性能を徹底比較

GeForce RTX 4070 Ti SUPER

最新ニュース*1月24日現在

目次

【米NVIDIA】GeForce RTXシリーズのGPUでSDR→HDRのAI変換を可能に

NVIDIAは1月24日(現地時間)、GeForce RTXシリーズ向けドライバのアップデートで、SDR動画をHDR動画に自動変換する新機能「RTX Video HDR」を利用可能にしたと発表した。

この機能は、NVIDIAのAI技術「Tensor Core」を活用して、SDR動画の明るさ、コントラスト、色域を拡張し、HDR10互換のディスプレイで視聴できる高解像度の動画に変換する。

RTX Video HDRは、Chromiumベースのブラウザで動作するため、EdgeやChromeなどのブラウザでSDR動画を視聴する際に利用できる。また、一部のDRMで保護されたコンテンツではサポートされない。

NVIDIAは、RTX Video HDRにより、SDR動画でもHDRのような豊かな色彩と明暗の表現を実現できるようになると説明している。

RTX Video HDRのメリット

RTX Video HDRのメリットは、以下のとおりだ。

  • HDR10互換のディスプレイを持っていなくても、SDR動画をHDRのような豊かな色彩と明暗の表現で楽しめる。
  • HDR動画の制作や配信にかかるコストや手間を削減できる。

RTX Video HDRの利用方法

RTX Video HDRを利用するには、以下の手順で設定する。

  1. GeForce Game Readyドライバーのバージョン551.23以降をインストールする。
  2. WindowsでHDRを有効にする。
  3. NVIDIAコントロール パネルを開き、「ビデオ画像設定の調整」から「RTX ビデオ拡張」に移動し、HDRを有効にする。

RTX Video HDRは、既存のSDR動画をHDR化する機能であるため、HDR動画を制作する場合には、従来通り、HDR対応のカメラや編集ソフトを使用する必要がある。

しかし、RTX Video HDRにより、HDR動画の制作や配信のハードルが下がり、より多くの人がHDRコンテンツを楽しむことができるようになると期待される。

NVIDIAは同日、この機能を利用可能なハイエンドGPU「GeForce RTX 4070 Ti SUPER」をグローバルで発売した。日本での販売価格は12万7380円からとなっている。

Stable Diffusionにおすすめのグラボは?

グラボを選ぶポイント

  • ノートパソコンよりもデスクトップ型の方がおすすめ
  • NVIDIA社の「GeForceシリーズ
  • VRAM容量12GB以上*VRAMが多ければ生成速度も速い

GeForce RTX 3060

画像引用元:NVIDIA公式サイト
画像引用元:NVIDIA公式サイト

コスパ最高

GeForce RTX 3060のVRAM容量は12GB

それでいて価格が4万円台と、コストパフォーマンスに優れています。

GeForce RTX 3060はStable Diffusion初心者にちょうどいいモデルです。

ひとまず画像生成がスムーズにできるでしょう。注意点としては、8GBのモデルがあること。VRAM容量をよくみてから購入しましょう!

GeForce RTX 4060 Ti

画像引用元:NVIDIA公式サイト
画像引用元:NVIDIA公式サイト

GeForce RTX 4060 TiのVRAM容量は16GB

高解像度の画像生成が可能。

SDXL 1.0でフルHD~HD相当の解像度で画像を生成したければ、ぜひとも使いたいグラボです。

遅延時間も3060よりも速く、優れた反応速度になっています。

価格は約8万円台で、価格に対するコストパフォーマンスが高いです。

GeForce RTX 4070 Ti

画像引用元:NVIDIA公式サイト
画像引用元:NVIDIA公式サイト

GeForce RTX 4070 TiのVRAM容量はRTX 3060と同じ12GBですが、画像生成速度が約3倍

優れたパフォーマンスを発揮します。

価格も3倍ですが、大量の高画質画像を生成したい場合、本格的にStable Diffusionを使いたいというユーザーにはおすすめのグラボです。

下記では、AI技術を用いた新機能を搭載したGPUについての記事です。

米NVIDIAは1月24日(現地時間)、GeForce RTXシリーズ向けドライバのアップデートで、AI技術「Tensor Core」を活用した、SDR動画をHDR動画に自動変換する新機能「RTX Video HDR」を利用可能にしたと発表した。同日、この機能を利用可能なハイエンドGPU「GeForce RTX 4070 Ti SUPER」をグローバルで発売した。日本での販売価格は12万7380円からとなっている。

GeForce RTX 4090

画像引用元:NVIDIA公式サイト

GeForce RTX 4090のVRAM容量は24GBと大きく、他のグラボよりも高速での画像生成や学習ができます。

RTX 4080と比較しても性能差が大きく、価格差以上の価値があるグラボといえるでしょう。

ただ、価格は30万円程度と高額。

予算に余裕がある方向けで、Stable Diffusionを存分に使いこなしたい開発者向けです。

グラボ無しで画像生成AIを利用したい!という方は?

次のようなブラウザ上のサイトで使えます。

  • Mage.space
  • Dreamstudio
  • Hugging Face

ただし、グラボなしStable Diffusionの機能は限られています。

Tensor.Artの使い方

まとめ

この記事では、Stable Diffusionに合ったグラボの選び方やおすすめグラボを紹介しました。

Stable Diffusionで高画質な画像を生成しようと思ったら、高性能なグラボが必要です。

今後、生成AIに高VRAMが必要になるのでグラボにお金を描けるのも良いでしょう。

スペックが低いグラボを購入してしまうと、Stable Diffusionの本来のパフォーマンスが発揮できなくなるので、よく選んで入手してください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次