ミニマル財布の到達点かも。極薄6ミリ&全面レザー採用の「Tenuis3 Leather TL」

2 週間前

近年、主流となりつつあるミニマル財布。スマホで手軽に電子決済が可能となった今、大量の紙幣やカード類を持ち歩く必要性は薄れているし、この流れには納得です。

増え続ける競合製品に対して優位性を得るには、収納力を保ちながらムダを削ぎ落とすことが必要不可欠に。ミニマル財布は自ずとより小型化が進むわけですが…、コインやカード、紙幣のサイズが決まっている以上、小さくできる限界もあるでしょう。

Video: machi-ya crowdfunding/YouTube

そこでぜひご覧いただきたいのが「Tenuis3 Leather TL」です。コンパクトサイズと使い勝手の良さを両立したミニマル財布の到達点、その1つと言っても過言ではないかもしれません。今回は、実際に使ってみた感想をお届けします。

コインからカードまで過不足なく入ります

DSC01320Photo: 山科拓郎

はじめに、メインで使用中の財布から「Tenuis3 Leather TL」に中身を移動してみました。内訳は、カード4枚に紙幣15枚、コインが10枚です。

この状態で厚みを測ってみたところ、なんとその数字は約6mm…! 全面にレザーを使用しつつ、この薄さを保っているのは驚愕に値すると思います。パンツのポケットに入れても、シルエットの崩れを気にせず済みそうです。

ツインカードポケットに注目!

DSC01288

カード入れ部分は、ポケットを並行に配置した「ツインカードポケット」設計。写真をご覧いただけば、財布全体のサイズがわずかカード2枚分に収まっていることがおわかりいただけるでしょう。

DSC01303Photo: 山科拓郎

しかもこれ、取り出しやすさも申し分ありません。指先で押してずらしてやれば、カードの視認も容易です。

革素材なのではじめはキツく感じましたが、しばらく使うと馴染んできて、4枚ずつの計8枚を収納可能になるとのことです。これだけ入れば、日常生活で困ることはまずないでしょう。

コイン&紙幣の収納部は?

DSC01298Photo: 山科拓郎

コインポケットの中央部には、コインの偏りを防ぐ「ディバイダー(仕切り)」が設けられています。枚数が増えすぎるとやや機能しにくいのはちょっと玉に瑕ですが、厚みが出ないようコインを寝かせて入れられるので、あまり問題は感じませんでした。

DSC01307Photo: 山科拓郎

紙幣の収納部にはしっかり深さが設けられており、安心感アリ。うっかり落としてしまう…なんていう心配は、まずなさそうです。

DSC01653Photo: 山科拓郎

前作「Tenuis3」から大きく進化したポイントとして、「隠しポケット」があります。具体的には、計2つのポケットに1枚ずつカードを収納可能に。「ツインカードポケット」と合わせると、計10枚のカードを持ち運べるようになりました。

さらに、「隠しポケット」には鍵を収納できるポケットが計4つ配されているのも見逃せません。“貴重品の管理はすべてお任せ!”って感じですね。ここにサイズの合うbluetoothトラッカーを忍ばせておけば、より信頼感が高まると思います。

渋〜い新色が新登場!

DSC01682左から、橄欖/Olive Brown、錆茶/Rusty Brown、煙褐/Smog BrownPhoto: 山科拓郎

5月27日には、革製品では定番の茶色系(自然系)3色が追加されました。

灰色や黒色に近い煙褐/Smog Brown、オリーブ系カラーの橄欖/Olive Brown、暗すぎず、明るすぎず中間の色合いな錆茶/Rusty Brownというラインナップです。もちろん、3色ともにレザーの経年変化を楽しめますよ!


「Tenuis3 Leather TL」は一般販売予定価格11,800円(消費税込み)のところ、約15%OFFの10,080円(消費税・送料込み)から支援可能です。利便性の維持と小型化を突き詰めたミニマル財布を手にしてみたいという方、下記リンク先ページをぜひチェックしてみてくださいね。

極薄6ミリ!全面レザー採用の超薄型財布「Tenuis3 Leather TL」

Photo: 山科拓郎

Source: machi-ya, machi-ya crowdfunding

掲載元で読む