ライフがネットスーパーの新会社 配送網の整備や専用アプリの開発など

3 日前

 スーパーマーケット「ライフ」を運営するライフコーポレーションは4月7日、ネットスーパー事業を手掛ける新会社「ライフホームデリバリー」を5月に設立すると発表した。資本金は3000万円で、出資比率はライフコーポレーションが40%、流通事業者のスリーエスコーポレーション(大阪市)が50%、間口ロジ関東(同)が10%。

photo スーパーマーケット「ライフ」

 新会社では、ライフコーポレーションが運営するネットスーパーの配送網を整備・構築する。3月にリリースしたスマートフォンアプリ「ライフネットスーパーアプリ」のシステム開発も行う。

 ライフコーポレーションは2011年にネットスーパー事業を開始。20年度の売上高は50億円を超えたという。同社は今後も事業を拡大し、21年度に売上高100億円を目指すとしている。

関連記事

関連リンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

掲載元で読む