“事件”以来3年ぶり コインチェック、テレビCM再開

1 週間前

 仮想通貨取引所を運営するコインチェックは、テレビCMを1月14日から展開すると発表した。同社は2018年までテレビCMを展開していたが、同年、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正アクセスで流出した「コインチェック事件」が発生し、CMも止めていた。今回、3年ぶりのCMとなる。

画像

 CMは、東京・大阪・愛知など全国26都府県で放送。ロケットが飛び立つ様子を描いた「ロケット編」と、「ビットコインといえば、コインチェック」という文字を大きく示した「タイトル編」の2種類で、それぞれ、楽曲『宇宙戦艦ヤマト』のイントロ背景に、シンプルなメッセージを届ける。

 同社によると、コインチェックアプリの累計ダウンロード数は326万。ビットコインが市場最高値を更新した昨年から暗号通貨市場が盛り上がる中で、CMを通じてより多くの人に暗号資産投資をアピールする狙いだ。

 コインチェック事件では、顧客から預かったNEMを、オンラインの「ホットウォレット」で管理していたことで流出を招いたが、現在は、顧客の資産すべてをネットワークから切り離された「コールドウォレット」で管理しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

掲載元で読む