今考えると恥ずかしい! 付き合いたての頃にやっていたこと vol. 6

2 日前
  • チオリーヌ

  • 華山ゆかり

大好きな彼と付き合い始めたばっかりの頃に、周りがまったく見えなくなった経験ってありませんか? 今回はそんな「今考えると恥ずかしすぎる! 付き合いたての頃にやっていたこと」を調査してみました。

ドライブ中、赤信号になるたびにキス

「付き合いたての頃のドライブデートってテンションが上がっちゃうんですよね。運転中の彼をずっと見つめたり、赤信号で車が停まるたびにキスをせがんだり。キスに夢中になりすぎていて、信号が赤から青に変わっていることに気づかず、後ろの車からクラクションを鳴らされたことも何度もあります。危ないってわかっていても、運転している彼の手をつないだりもしちゃっていました。
その反面、私自身が運転しているときに、前の車に乗っているカップルがキスをしたりしているのを見かけると『うっわ、キモ!』とか思っちゃうのって、すごく自己中ですよね」(28歳・インテリアコーディネーター)

▽ ドライブデートって特別な密室空間だし、運転している彼の姿がいつもよりも格好良く見えたりして、イチャイチャしたくなりがち。でも密室とはいえ、ガラス張りなので周りからも見えるし、イライラしているときに前の車のカップルがイチャイチャしているのを見ると微笑ましさはゼロです。

次回も、「今考えると恥ずかしくなる、付き合いたての頃にやっていたこと」をご紹介します。

記事を書いたのはこの人

チオリーヌ

Written by チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。 自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。

華山ゆかり

掲載元で読む