任天堂がSwitch向けにプログラミング学習ソフト 作ったゲームの共有機能も

1 月前

 任天堂は5月6日、Nintendo Switch向けプログラミング学習ソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を6月11日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が3480円(税込、以下同)、ダウンロード版が2980円。

 ユーザーはチュートリアルに従い、「ボタンを押す」「スティックを動かす」などの機能を持ったキャラクター「ノードン」を組み合わせ、オリジナルのゲームを作成しながらプログラミングの考え方を学ぶ。チュートリアルなしでゲーム作りに挑戦する「フリープログラミングモード」も備える。

photo ゲーム作りの様子

 作ったゲームをネット上で共有する機能も搭載。他の人が作ったゲームをダウンロードし、実際にプレイできる。Switch用コントローラー「Joy-Con」に加え、画面をテレビに映す「TVモード」では市販のUSBマウスでの操作にも対応する。

photo 共有機能のイメージ

 パッケージ版には、チュートリアルの内容を復習できるカード型教材が付属。教材は、6月11日から単品でも販売する(500円)。任天堂は「プログラミング学習を必要とする子供や、プログラミングに興味のなかった人にも、ゲームづくりの楽しさや達成感を味わってほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

掲載元で読む