動物園のゴリラ2頭が新型コロナに感染、無症状の職員から感染の可能性(アメリカ)

2 日前

ゴリラがコロナに感染

 かねてから動物の中で感染リスクが一番高いのは霊長類であることが示唆されていたが、恐れていたことが起きてしまったようだ。

 アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ動物園サファリパークは、1月11日に園内で飼育されている2頭のゴリラがコロナ感染したことを発表した。

 園側は、無症状の職員から感染した可能性を示唆した。だが幸いなことに、現在ゴリラは咳と鼻づまり以外の症状は見られず、特に健康状態に大きな問題はないと述べている。『C Net』などが伝えた。


Two San Diego Zoo Safari Park gorillas test positive for coronavirus

サファリパークのゴリラ2頭がコロナに感染

 サンディエゴ動物園によると、1月6日に園内の2頭のゴリラが咳をし始めたため、当局に糞便サンプルの検査を促したところ、コロナの陽性と判明したという。

 カリフォルニア州のギャビン・ニューソム知事は、「3頭目のゴリラも病気の症状を示しており、感染源とコロナか否かを確認中」と述べている。

 動物園のディレクター、リサ・ピーターソンは次のように声明文を発表した。

今のところ、陽性と判明した2頭のゴリラは咳と鼻づまり以外は特に大きな健康上の問題はなく、食欲もあります。

2頭は一緒に隔離されていて、職員が注意深くモニタリングを続けています。公衆衛生上のリスクをもたらすことはありません。私たちは、2頭の完全回復を望んでいます。



無症状の職員から感染か?

 ゴリラは、人間とDNAの98%を共有し、これまでの研究でもヒト以外の霊長類はコロナに感染しやすいことが確認されていたが、今回のゴリラへのコロナ感染は、その初の事例となったようだ。

 園側は、少なくとも陽性反応が出た2頭は、無症状の職員から感染したのではと推測している。

 ちなみに過去には、ヒト以外にも猫や犬、ミンクトラへの感染が報告されている。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
フランスで初めてコロナに感染した猫が無事回復

犬よりも猫の方がリスクが高い。ゲノム調査による新型コロナウイルスに感染しやすい動物の種類(米研究)

絶滅危機種のクロアシイタチに新型コロナワクチン接種(アメリカ)

海洋哺乳類に新型コロナ感染の危機。海に流れ込む汚水が原因(カナダ研究)

ゴリラは仲間の死を悲しみ哀悼の意を捧げる。別種のゴリラの死に対しても強い関心を示す(東アフリカ)

掲載元で読む