生姜&唐辛子のダブルの辛さが癖になるケンタッキー「ジンジャーホットチキン」を食べてみた

1 週間前

2021年01月13日 22時00分試食

ケンタッキーフライドチキンからじんわり広がる辛さが特徴の生姜とピリッとしたキレのある辛さが特徴の唐辛子を使った「ジンジャーホットチキン」が数量限定で登場しました。生姜と唐辛子という2種類の辛さはケンタッキーのチキンにどのようなアクセントを加えているのか、実際に食べてみました。


目当てのジンジャーホットチキンは1個税込270円。いくつかセットも登場していたので、今回は「食べくらべ4ピースパック」(税込1180円)を購入しました。


内容物は、通常のオリジナルチキン2ピース、ジンジャーホットチキン2ピース、ポテトS。


ジンジャーホットチキンの表面には、かなりの量の唐辛子が振りかけられています。


オリジナルチキン(左)と比較すると、衣自体も明るめ。


食べてみると、唐辛子のピリッとした辛さに負けないほど生姜のじんわりくる辛さが強烈。チキン自体は骨なしのむね肉を使っているため、ジューシーさではオリジナルチキンに軍配が上がるものの、サクサクとした衣が特徴的。食べていると、唐辛子と生姜のダブルの辛さで体が温まってくるチキンでした。


「ジンジャーホットチキン」は一部店舗を除く全国のケンタッキーフライドチキンで2021年1月13日(水)から購入可能。数量限定でなくなり次第販売終了とのことなので、気になる人は早めにチェックしてみてください。

2021年01月13日 22時00分00秒 in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.

掲載元で読む