発売延期から一転、「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」ラベル誤表記のまま発売へ 「むしろ買う」と歓迎の声が多数

1 週間前

 サッポロビールとファミリーマートは1月13日、ラベルに誤表記が見つかり販売を延期していた「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」について、修正せずに発売すると発表した。2月2日から全国のファミリーマート約1万6300店で取り扱う。

「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」。350ml缶は200円、500ml缶は260円(税別)

 当初は12日に発売する予定だったがラベルの「LAGER」(ラガー)を誤って「LAGAR」と印刷していたことが分かり、8日に発売延期を発表。しかし、両社に「商品の取扱いを心配する声や発売を切望する意見」が多数寄せられ、延期の決定を取り消すことにしたという。

 ファミリーマートが公式Twitterアカウントで告知すると、消費者から「英断」「良かった」「むしろ買う」と好意的な意見が相次いだ。企業が体裁より消費者の声を優先したこと、商品が無駄にならなかったことを歓迎したようだ。

 「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」は、両社で共同開発し、全国のファミリーマートで限定販売するビール。伝統的な「3回煮沸法」で製造し、飲み応えのある味わいが特徴。価格は350ml缶の200円(税別)から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

掲載元で読む