百年の恋も冷める! 男性が別れを覚悟した瞬間4つ

1 週間前

好きな人から別れを告げられるとショックですよね。できれば別れてしまう前に対策したいもの。では、男性はいったいどんなときに「別れよう」と思うのでしょうか? 本記事では、男性が別れを覚悟した瞬間をご紹介していきます。ぜひ別れを防ぐ参考にしてくださいね。

ケンカしたときの態度に傷ついたとき

「元カノとケンカしたときに無視されて……。ひたすら謝ったら許してくれたけど、それからギクシャクして別れました」(20代・公務員)

▽ カップルがケンカすること自体は悪いことではありません。素直に気持ちを伝え合う機会もときには必要です。しかし、感傷的になって彼を傷つけてしまうのはよくないかも。暴言を吐いたりするのはもちろん、無視をするのも相手を深く傷つける反応です。上手に話し合いできるカップルを目指しましょう。

価値観の違いが埋まらなかったとき

「彼女の金銭感覚が気になって、何度も注意したけど変わりませんでした。ふとしたときに冷めて何も言わなくなったんです」(20代・金融)

▽ 別れの原因としてよく言われる「価値観の違い」。価値観が合わないこと自体がNGなのではなく、相手に合わせる努力をしないことが一番の問題みたいです。相手が何度も指摘することは、なるべく改善した方がベター。何も言わなくなった頃には、こちらの男性のように恋愛感情がないかもしれません。

束縛や指摘を重いと感じたとき

「可愛いし一途でうれしかったけど、束縛が激しくて。どんどん自由がなくなっていくのが嫌でした」(20代・医療)

▽ 彼の浮気が心配で束縛したり、気になるところを指摘したり……。伝えることで二人の心地いい関わり方に近づいていくものですが、こうしたネガティブなやり取りは慎重になる必要があります。「女友達と夜遅くまで遊ぶと悲しい」「こうしてくれるとうれしいな」など、冷静に前向きな言い回しで伝えるようにしましょう。

やり取りが面倒に感じたとき

「彼女からの連絡があまりに多くて無視しちゃって、『もう面倒だな』と感じた瞬間に別れを決めました」(30代・IT)

▽ 理由はさまざまですが、「会いたくない」「連絡が面倒」と感じたときに、一気に恋愛感情が冷めるようです。特に我慢していた細かいことが積もり積もって、限界を迎えたときに“別れ”が頭をよぎるのだとか。なるべく彼に負担をかけない気配りが大切かもしれませんね。

早めに彼の心の変化に気づこう

男性側からすると、別れを告げる前にいろいろな段階を経ています。すれ違いや違和感に気づいたら、なるべくスルーせずに向き合うことが大切。
いち早く彼の心の変化に気づくことができれば、悲しい別れを回避できるかもしれません。ぜひ今回ご紹介した項目を始め、当てはまるものがないか意識的に確認してみましょう。

掲載元で読む