2021年度5月分のGIGAZINEのアクセス解析結果

2 週間前

2021年06月11日 08時00分お知らせ

この記事はGIGAZINEシークレットクラブの有料メンバー限定ですが、2021年7月31日までは誰でも閲覧可能です。

お知らせその1、2021年2月にPinterestがAPIの利用を停止したため、PinterestのGIGAZINE公式アカウントでの記事自動投稿が停止していましたが、Zapierを利用してPinterestと連携させることで自動投稿が復活しました。

お知らせその2、GIGAZINEトップページ、個別記事ページ右上の公式SNSアイコン部分にPinterestとGoogleニュースを追加しました。

アイコンをクリックすると、それぞれのSNSのGIGAZINE公式ページへアクセスできます。

「GIGAZINE(ギガジン) (gigazine)」のプロフィール|Pinterest


Google ニュース - GIGAZINE - 最新ニュース

というわけで、GIGAZINEに広告を出す際に参考になる各種データなどは以下から。

◆2021年5月

アクセスリクエスト数:2億4362万
ページビュー:4365万(232万減)
ユニークユーザー数:1803万(58万増)
転送量:32.637TB

※Cloudflareによる計測結果です。

転送量のうち、画像などのマルチメディア系ファイルの転送量は約30.551TB。PHPやHTMLなどと広告配信が約2.086TB。

また、2021年5月に作成した記事数は543本。

次に、2021年5月で人気のあった記事ベスト10。こちらはGoogle Analyticsによる解析結果です。

1位:テスラが「ビットコインでの自動車購入」を停止した後に40兆円が吹っ飛ぶ、イーロン・マスクはTwitter上で弁明


2位:安全上の懸念からポケモンカードゲームの販売を取りやめる店舗が急増中


3位:PS5を購入することは劇的に難しくなってきている


4位:「AIで2次元キャラの服を簡単に脱がせるサイト」が登場したので実際に使ってみた


5位:中国の「ガラス橋」が崩壊、男性が高さ100mで立ち往生


6位:AppleのM1搭載「iPad Pro」レビューまとめ、M1搭載で狂喜乱舞かと思いきや辛口レビューが目立つ


7位:ステゴサウルス像の脚部から男性の遺体が見つかる


8位:iOS 14.5で有効になった「ATT」はすでに1万個ものアプリで採用されている


9位:見落とされがちなWindows 10の便利機能5選


10位:「グランド・セフト・オートV」のグラフィックをほぼ実写化するAIが開発される

というわけで、次はGIGAZINE読者の傾向を探るため、使用しているブラウザ別に見ると以下のようになります。

1位:Chrome:47.03%(0.01%増)
2位:Safari:27.03%(2.22%増)
3位:Safari (in-app):7.82%(2.20%減)
4位:Edge:6.43%(0.65%増)
5位:Android Webview:4.79%(0.73%減)
6位:Firefox:3.71%(0.01%増)
7位:Internet Explorer:1.84%(0.07%減)

IEの内訳をさらに詳細に見てみると、以下のようになります。

11.0:98.84%(0.45%減)
10.0:0.40%(0.06%増)
8.0:0.39%(0.29%増)
9.0:0.34%(0.08%増)
7.0:0.01%(変わらず)

次はGIGAZINEにリンクしているサイトでGIGAZINEへの流入が大きかったサイト、上位10個は以下の通り。検索エンジンは除いてあります。

1位:Twitter(前月1位)
2位:Facebook(前月4位)
3位:SmartNews(前月2位)
4位:Google ニュース(前月3位)
5位:はてなブックマーク(前月5位)
6位:livedoor ニュース(前月6位)
7位:Pintrest(前月8位)
8位:Feedly(前月4位)
9位:Youtube(前月9位)
10位:gunosy(前月10位)

次に、検索でGIGAZINEまで来ることになったフレーズベスト10は以下の通り。

1位:gigazine
2位:インターネットエクスプローラー
3位:open HEIC file
4位:インド コロナ
5位:画像
6位:王の小道
7位:セックス
8位:ウインドウズ10 アップデート 無料
9位:amazon
10位:youtube

最後に、取材して欲しい企業や人物などのリクエスト、あるいは行ってきてレポートして欲しいイベント、レビューして欲しい製品や飲食店、あるいは個人では検証するのが難しいがGIGAZINEであればあるいは可能なのではないか?というような企画なども募集していますので、記事関連のタレコミや提案はこちらのお問い合わせフォームからどうぞ。個人・企業からの情報提供やプレスリリースなども同様にお問い合わせフォームからお願いします。

また、記事の間違い指摘の場合は根拠となるソースのアドレスなどを示してもらえると検証がしやすくなるので非常に助かります。どんな小さな誤字脱字の指摘でも「ここにこう書いてあるけど、本当はこっちじゃないのかな?」みたいな感じで連絡してくれると大変ありがたいです。

それ以外にも各記事の感想なども送っていただけるとみんなよろこびますので、今後とも引き続き、GIGAZINEをなにとぞよろしくお願いします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

掲載元で読む