5000万円超をクリエイターに支払う「クリエイターファンド」をPinterestが設立、誤情報や悪意ある表現を禁じる「クリエイターコード」も導入

3 日前

クリエイターコードの内容は以下の通り。

・優しさを忘れない:コンテンツが誰かを侮辱したり非難したりするものにならないよう、徹底すること。
・事実を確認する:情報は必ず、正確で事実に基づくものにすること。
・表現の限度を認識する:デリケートな問題に関する画像や映像を含むコンテンツについては、慎重に判断すること。
・多様性に配慮する:特定の集団やコミュニティを意図的に排除する行為は容認されません。
・危害をもたらさないよう注意する:チャレンジなどを促すコンテンツは健康や安全に十分注意すること。

具体的には、「NGファッション」として特定の服装をする人をからかうものや、医学的根拠のない健康情報を宣伝するもの、性的に露骨な行為を描写するものなどが、クリエイターコードで禁止されるコンテンツに該当します。より詳細な具体例は、以下のクリエイターコード全文から日本語で読むことができます。

Pinterest クリエイターコード | Pinterest Business
https://business.pinterest.com/ja/creator-code/

近日中にクリエイターコードが導入されると、Pinterestのストーリーピンなどを利用する全てのユーザーがクリエイターコードへの同意を求められるとのこと。アメリカのテレビタレントであるジョナサン・ヴァン・ネス氏はクリエイターコードの発表に際して、「ソーシャルメディアには、人生を肯定するだけではなく、人間性を失わせるものがたくさんあります。私がクリエイターコードに賛同する理由は、ポジティブさとインクルージョンに焦点を当てているからです」とのコメントを寄せました。


クリエイターコードとは別に、Pinterestは新しい「コメント管理ツール」を発表しました。このツールはポジティブな環境作りを目的とした機能で、コメントをするユーザーが攻撃的なコメントをしていないか確認する「ポジティブリマインダー」、クリエイターがコメントの削除やフィルタリングを行える「管理ツール」、クリエイターが最大3つのコメントをフィード内に強調表示できる機能、機械学習を使って不正なコメントを検出する「スパム防止シグナル」で構成されています。

また、複数のメディアが「Pinterestが4月7日に開催した、クリエイターコミュニティに焦点を当てたイベントの中で、Pinterestがクリエイターに対して合計で50万ドルの支援を行う『クリエイターファンド』が発表されました」と報じました。このファンドは、インフルエンサーをPinterestに引き込むことを狙いにしたもので、最初はファッション、写真、料理、旅行などの分野で活躍する8人の新進クリエイターが支援対象になるとのこと。Pinterestはまた、開始から数カ月以内にさらに10人のクリエイターを選定する予定としています。

Pinterestでクリエイター・インクルージョン責任者を務めるアレキサンドラ・ニコラジェフ氏は、IT系ニュースサイト・TechCrunchに対して「私たちは、世界中のクリエイターやユーザーが自分に最適な、関心のある、等身大の自分を映し出したアイデアを発見できるような、グローバルな包括的プラットフォームを構築するという取り組みを継続していきます」とコメントしました。

2021年04月08日 15時00分00秒 in ソフトウェア,   ネットサービス,   ウェブアプリ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.

掲載元で読む