ASUSがクリエイター向け2画面PCやモバイル液晶ディスプレイなどを相次いで投入

1 週間前

 1月13日(現地時間)、ASUSはオンラインイベント「BE AHEAD」を開き、クリエイター向けのノートPC2モデルとモバイルディスプレイなど複数のモデルの投入を明らかにした。現時点で日本での発売を含め、発売時期や価格は不明だ。

2画面PCは15.6型の4K OLEDと14型のフルHDモデルを用意

 ZenBookシリーズの最上位モデルとなるのが「ZenBook Pro Duo 15 OLED」(UX582)だ。15.6型のメインディスプレイは3840×2160ピクセル表示対応のOLED(有機EL)、キーボード面の奥半分が14型のセカンダリーディスプレイ「ScreenPad Plus Plus」という構成は従来モデルを継承するが、新たに第10世代Core i9プロセッサとNVIDIAの新モバイル向けGPUのGeForce RTX 3070を内蔵する。

ZenBook Pro Duo 15 OLED 2画面PCの最上位モデル「ZenBook Pro Duo 15 OLED」

ZenBook Pro Duo 15 OLED ZenBook Pro Duo 15 OLEDの主なスペック。Wi-Fi 6にも対応する

ZenBook Pro Duo 15 OLED クリエイター向けPCにふさわしいスペックを備える。付属のASUS Penを使ったペン入力も可能だ

 より小型で購入しやすい価格帯となる14型ディスプレイを備えた2画面PCが「ZenBook Duo 14」(UX482)だ。こちらは第11世代のCore i7プロセッサを内蔵し、GPUにGeForce MX450を選ぶこともできる。

 UX582と同様にScreenPad Plusの12.6型セカンダリーディスプレイを搭載し、重量は約1.6kg、厚さは約16.9mmとスリムなボディーを備える。メインディスプレイの画面解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)で、狭額縁のディスプレイにより画面占有率は約93%となる。

ZenBook Pro Duo 14 より小型で軽量化した「ZenBook Pro Duo 14」(UX482)

ZenBook Pro Duo 14 メインディスプレイは14型フルHDだ

ZenBook Pro Duo 14 2基のThunderbolt 4端子を搭載する

ZenBook Pro Duo 14 Intelが提唱するEvoプラットフォームに対応したモデル

専用ダイヤルを備えたモバイルディスプレイも投入

 同じくクリエイター向けとして投入されるのが、14型フルHD表示のモバイルディスプレイ「ProArt Display PA148CTV」だ。重量は約740g、10点のマルチタッチ操作に対応し、エルゴキックスタンドにより、15度〜75度に角度調整が可能だ。

PA148CTV クリエイター向けの14型モバイルディスプレイ「ProArt Display PA148CTV」

 ユニークなのは、クリエイターのワークフローに適したコントローラー「ASUS Dial」を備えていることだ。ASUS DialとVirtual Control Panelを使うことでアドビのアプリ(Adobe Photoshop、After Effects、Premiere、Lightroom Classic)を操作できる他、MicrosoftのSurface Dialの機能(音量調整やスクロール、拡大など)もサポートする。

PA148CTV クリエイター向けのモデルだけに広色域にも対応する

PA148CTV インタフェースは2基のUSB Type-Cにmicro HDMI端子の他、底面に三脚穴も用意する

PA148CTV 背面にキックスタンドを備え、縦置きでの利用にも対応している

PA148CTV 左側面にASUS Dialと呼ばれる専用のダイヤルを搭載する

PA148CTV ダイヤルを操作することで、クリエイター向けアプリを扱うことができる

PA148CTV PA148CTVをアプリの操作パネルとして使う「Virtual Control Panel」。クリエイターのワークフローを手助けする

 続いては、ビジネス向けノートPCやChromebookを見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

掲載元で読む