Nintendo Switchであのパックマンが最後の1人になるまで食べ続ける99人対戦バトルロイヤル「PAC-MAN 99」を遊んでみた

3 日前

2021年04月08日 19時25分レビュー


起動すると最初に利用規約とプライバシーポリシーに同意する必要があります。


PAC-MAN 99は基本無料の場合、99人でのオンライン対戦のみプレイ可能。メインメニューからオンライン対戦モードを選択します。


オンライン対戦モードを選択すると、マッチングが開始。相手プレイヤーとの接続に成功すると、左右の枠が埋まっていきます。


99人が揃うとこんな感じ。全員がそろうとゲームがスタート。


PAC-MAN 99の基本的な操作とルールは、パックマンとほぼ同じ。動き続けるパックマンを制御しながら、迷路のようなステージ上にある黄色の点(クッキー)をどんどん食べればOK。ただし、ステージ上には敵である「ゴースト」がウロウロしており、ぶつかるとゲームオーバーになります。


そして、クッキーの中にある大きな点が「パワークッキー」です。


パワークッキーを食べると、敵が一定時間だけ青くなり、パワーアップしたパックマンで食べることができるようになります。中央にはパワーアップの残り時間がバーで示されています。


クッキーやパワークッキーは食べるとステージからなくなってしまいますが、画面上のクッキーを半分以上食べると出現するフルーツを食べると、クッキーやパワークッキーが再びステージ上に出現します。


画面下部にある「おじゃまゲージ」に他プレイヤーから黄色い線が伸びているのは、相手から狙われているということを意味します。また、画面左には「パックマンの強化の選択」、画面右には「攻撃先の選択」が表示されています。


パックマンの強化と攻撃先がどういうものなのかは、公式サイトで解説されています。戦況を見極めて適切な戦略を選択することが、最後の1人になるまで生き残るためには非常に重要です。


攻撃を相手から受けるとおじゃまゲージがのび、透明なパックマンである「おじゃまパックマン」がステージ上に出現。当たってもダメージはありませんが、重なった瞬間にパックマンの速度が遅くなってしまいます。おじゃまパックマンが大量にステージ上に出現すると、ゴーストに追いつかれてゲームオーバーになってしまうことも。つまり、「相手が不利になるように、クッキーやゴーストを食べることでおじゃまパックマンを相手のステージにどんどん送りこむ」ことが相手への攻撃になるというわけ。


ただし、画面上にあるおじゃまパックマンはパワークッキーを食べると消滅します。


相手への攻撃は、クッキーやゴーストを食べると発動します。また、画面上に現れる「スリープゴースト」を食べると……


画面上にいる敵の1つにゴーストがつながり、大きな列が生まれます。パワーアップ時にこの列を一気に食べてしまうことでコンボが発生し、相手を一気に攻撃することが可能となります。スリープゴーストは一度に32匹まで列を作ることが可能で、最大まで長くなったゴーストの列をパワーアップしたパックマンで一気に食い散らかす瞬間の快感はかなりのもの。


さらにゲームが進むと出現する赤いおじゃまパックマンに当たると、ゴーストと同様にゲームオーバーになってしまいます。赤いおじゃまパックマンはパワークッキーを食べても消滅せず、フルーツを食べなければ消すことができません。


そんな感じで、ゴーストの進路を予測しつつステージをかけまわり、クッキーやフルーツを食べながら生き残り続けますが……


パワークッキーの効果が切れたタイミングでゴーストから挟み撃ちにあい、あえなくゲームオーバー。


結果は5位でした。オリジナルのパックマンは少しずつゴーストの速度が上がることで難度も高くなっていきますが、PAC-MAN 99はそれに加えてパワークッキーを取るタイミングがさらに重要となり、相手からの攻撃やコンボ、戦略の切り替えを考えなければならないため、オリジナルのゲーム性に加えて高度な情報処理が求められます。そのため、オリジナルよりもアクション性が高く、スピード感も爆増しているといえます。

PAC-MAN 99は基本無料で遊ぶことができますが、有料の追加コンテンツを購入することでパスワード付きのオンラインマッチやCPU戦、スコアアタックやタイムアタックがプレイ可能。また、ゲームの見た目をナムコの名作ゲームをモチーフにしたカスタムテーマに変えることができます。例えば、ナムコの傑作シューティングゲーム「ゼビウス」のテーマでプレイしたところが以下のムービー。

「PAC-MAN 99」の「ゼビウス」のテーマはこんな感じ - YouTube

ステージの見た目だけではなく、自機がパックマンからソルバルウに変化。BGMやSEもゼビウスのものに変化するなど、かなり作り込まれています。

掲載元で読む